霧雨と小雨の違いはなに?言葉の意味や表現方法、類語などもご紹介♪

ことばの豆知識

煙るように降る雨、『霧雨』

ぱらぱらとかすかに降っている雨、『小雨』

このふたつの雨の違いについて、あなたは理解できていますか?

なんとなくわかるような、でも具体的には説明ができない…。というような方もいるのではないでしょうか。

今回は『霧雨』と『小雨』の違いについて、言葉の意味や、『霧雨』の類語・例文などもあわせて解説していきます。

 

『霧雨』と『小雨』の違い

『霧雨(きりさめ)』と『小雨(こさめ・こあめ)』の違いを簡単に言うと、

【見分け方の違い】です。

 

それぞれの見分け方はつぎのとおりです。

  • 『霧雨』
    微小な雨滴。直径0.5mm未満の弱い雨のこと。
  • 『小雨』
    数時間降り続いても、雨量が1mmに達しないくらいの雨のこと。
                          引用元:気象庁HP https://www.jma.go.jp/jma/index.html

 

『霧雨』の見分け方は、雨粒の❝大きさ❞です。

雪やみぞれなどと同じく、降るものの
種類(形や状態)をあらわしています。

 

一方、『小雨』の見分け方は、雨の❝強弱❞ です。

降る雨の量や強さをあらわしています。

 

それでは、『霧雨』と『小雨』について、もう少し詳しくみていきましょう。

 

『霧雨』とは?

『霧雨』とは、霧状に降る雨のことで、降るものの種類(雨の種類)に関する用語です。

降るものの種類なので、天気記号があります。

『霧雨』の天気記号はつぎのとおりです。

 

気象庁では、『霧雨』のことをつぎのように定義しています。

微小な雨滴(直径0.5mm未満)による弱い雨のこと

引用:気象庁 https://www.jma.go.jp/

『霧雨』は、層雲という一番低いことろ(地上付近~2,000m)にあらわれる雲から降る雨です。
層雲は、灰色または白色で、層状あるいは霧状の雲のことをいいます。
<層雲>

引用元:https://www.rikanenpyo.jp/

『小雨』とは?

『小雨』とは、「少し降る雨」や「小降りの雨」のことをいい、雨が降るときの

【強弱】【降雨量】のことを指します。

『小雨』は、降るものの種類や名称のことではありませんので、天気記号はありません。

 

気象庁では、『小雨』のことをつぎのように定義しています。

数時間降り続いても、雨量が1mmに達しないくらいの雨のこと

引用:気象庁 https://www.jma.go.jp/

もし仮に、『霧雨』のように0.5mm未満の細かく弱い雨が降ったとしても、雨量が、1mm以上、5mmにも達するようなことがあれば、それは『小雨』にはならないということになります。

 

※こちらの記事も参考に。
>>『にわか雨』と『通り雨』の違いとは?別名や類語、雨の季語もご紹介!

 

『霧雨』言葉の意味

『霧雨』と『小雨』の違い、伝わりましたか?

ここからは『霧雨』という言葉について、その類語や例文・使い方などを解説していきたいと思います。興味ある方は、読んでみてください。

『霧雨』という言葉は、大和言葉(日本古来の言葉)です。秋のことばで、秋の季語

俳句などで『霧雨』を使う場合は、秋の表現になります。

 

『霧雨』の言葉の意味は、つぎのとおりです。

【霧雨(きりさめ)】
霧のように細かに降る雨のこと。
きりあめともいう。
秋の季語

細かい水滴が風に乗って煙るように降る雨のこと。「霧」は、古くは四季を通じて使用されていましたが、平安時代以降、秋のものを「霧」と言い、春のものを「霞」と呼び分けました。「霧雨」とは言いますが、「霞雨」とは言いません。
引用元:大和言葉辞典、ビジュアル大和言葉辞典
                

 

※こちらの記事も参考にどうぞ。
>>【雨の季語】秋編・言葉の意味や使い方、秋の雨にまつわる言葉の一覧

 

『霧雨』の使い方

こちらでは『霧雨』の類語や言葉の使い方などについてご紹介していきます。

類語

『霧雨』の類語には、『小糠雨(こぬかあめ)という言葉があります。

『小糠雨』も大和言葉ですが、季語ではありませんので、俳句などで使用するときは季節を問いません。

 

『小糠雨』の意味は、つぎのとおりです。

【小糠雨(こぬかあめ)】
雨粒のきわめて細かい雨のこと。
まるで小糠のように細かい雨のこと。

「小糠(粉糠)」とは、米を精白するときに、外側からとれる種皮や胚芽の粉末のこと。その状態や性質が、こまかい、はかない、頼りない、役に立たないことなどを表します。ちなみに「ぬかよろこび」とは、あてがはずれて、がっかりするような一時的な喜びのことです。
「小糠雨」も「霧雨」と同じような降り方の雨で、雨粒の細かさを小糠の細かさに託していいます。
「糠雨」ともいう。

引用元:大和言葉辞典、ビジュアル大和言葉辞典      

『小糠雨』はほぼ『霧雨』と同じような雨を指しますので、秋以外の季節で、俳句などで表現するときには、この『小糠雨』と使うと良いでしょう。

例文:表現方法と情景

『霧雨』と『小糠雨』を使った例文をご紹介します。

 

『霧雨』を使った例文

わたしたちは、高台の公園から霧雨に煙る街並みを眺めていた。

 

『小糠雨』を使った例文

あの時、小糠雨が降っていて、傘をさしていても全身がしっとりと濡れてくるようだった。

 

最後に、『霧雨』や『小糠雨』が降る情景をあらわした例文をご紹介します。

直接的に『霧雨』や『小糠雨』という言葉は使用していませんが、言葉をたどって情景を思い浮かべてみると『霧雨』や『小糠雨』降る景色が浮かびあがってきます^^

目に見えぬほどの細かな雨だったが、足元の舗道は少しずつ雨の灰色に変わりつつあった。
(村上春樹『1973年のピンボール』より)
包みこむような雨が音もなく細かく降る
(中島みゆき『泣かないで・女うた』より)
濡れはしないが、なんとはなしに肌の湿る、霧のような雨
(川端康成『掌の小説』より)

※雨をことばで表現する♪こちらの記事も参考にどうぞ。
>>擬音語(オノマトペ)で雨を表現すれば、雨の音も雨量も勢いも言葉になる!

>>【雨の季語】春編・春の雨の言葉
>>【雨の季語】夏編・夏の雨の言葉
>>【雨の季語】秋編・秋の雨の言葉
>>【雨の季語】冬編・冬の雨の言葉

 

まとめ

霧雨』と『小雨』の違い意味などについて、ご紹介させていただきました。

要点をまとめると次のとおりです。

  • 霧雨
    降る雨の種類のこと。
    天気記号がある。
    日本古来の大和言葉で、秋の季語
  • 小雨
    雨が降る強さや雨量を指す言葉。
    天気記号なし。
    弱い雨でも、雨量が1mm以上になると『小雨』ではない。

少しでも『霧雨』と『小雨』の違いの理解が深まれば、幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました