【雨の季語】春編・言葉の意味や使い方、春の雨の言葉を一覧にまとめました。

ことばの表現

日本語には、美しいことばがたくさんありますよね。その中でも、『季語』には自然や心、美をぎゅっと凝縮したような数々の美しいことばがあります。

今回は、【雨の季語】・春のことばを中心に集めました。

春の雨と一言でいっても実にさまざま。春は、気候もだんだんと穏やかであたたかになる季節。

春の【雨の季語】で言葉の温度や湿度を感じながら、ことばの世界を広げていきましょう。

 

【雨の季語】春編・一覧

春の【雨の季語】を5つのカテゴリーにわけて、季語と意味を一覧にまとめました。

『春』がつく季語

こちらでは『春』がつく【雨の季語】をあつめました。一覧はつぎのとおりです。

雨の季語意味
1.春霙(はるみぞれ)春になって降る霙のこと。春先は暖かい日が続いたかと思うと急に気温が下がるときがあり、降っていた雨が霙に変わることがある。
2.春夕立(はるゆうだち)春に降る『夕立』のことで、『春驟雨』と同じ意味。春雷というように、春夕立はしばしば雷をともなう。
3.春驟雨はるしゅうう)夕立のように激しく降る春のにわか雨のこと。『春夕立』ともいう。
4.春の雨(はるのあめ)春にしとしとと静かに降りかかる雨のこと。初春・仲春・晩春の三春に渡って降る総括的な呼び名。
5.春雨(はるさめ)春にしとしとと降る細い雨脚の雨のこと。おもに晩春に降る雨をいう。
6.春雨傘(はるさめがさ)春雨がしめやかにけぶる中でさしている傘のこと。
7.春時雨(はるしぐれ)春のにわか雨のことで、春になってから降る時雨。

 

『花』がつく季語

つぎは『花』がつく【雨の季語】です。

雨の季語意味
1.花の雨(はなのあめ)桜の花が咲くころに降る雨のこと。また、咲き誇る桜の花に降りかかる雨。
2.花時の雨(はなどきのあめ)桜の花が咲くころに降る雨のことで、咲き誇る桜の花に降りかかる雨のこと。『花の雨』と同意だが、やや広い意があり、花時の嵐や花冷えといったようなさまも含まれる。
3.花時雨(はなしぐれ)花時に降る、時雨のような冷たい雨のこと。

草花にちなんだ季語

こちらでは『草花』にちなんだ【雨の季語】をあつめて、一覧にしました。

雨の季語意味
1.桜雨(さくらあめ)桜の花の咲くころに降る雨。
2.桜ながし(さくらながし)桜の花に降りかかり散らしてしまう雨のこと。
3.甘雨(かんう)しとしとと降り、草木を育む春の雨。農耕を始める時季に時を得たように降り、万物に潤いを与える雨。
4.梅若の涙雨(うめわかのなみだあめ)梅若忌の陰暦三月十五日に降る雨のこと。謡曲『角田川(すみだがわ)』に登場する梅若丸に因んでつけられた。

 

『春の長雨』をあらわす季語

こちらでは『春の長雨』をあらわす【雨の季語】をあつめました。

雨の季語意味
1.春の長雨(はるのながあめ)三月から四月ころ、天気がぐずつき、梅雨時のように何日も降り続く雨のこと。
2.春霖(しゅんりん)三,四月ころのしとしとと降りつづく長雨のこと。『霖』という字は長雨のことで、3日以上降りつづく雨のこと。
3.春霖雨(はるりんう)4月ごろのしとしと降り続く長雨のこと。『霖』という字は長雨の意味で、3日以上降り続く雨のことをいう。日毎に暖かさが増し、草木が育成し、蕾が膨らむころ、春のおとずれに待望し、雨にも明るさがあふれている。
4.菜種梅雨(なたねづゆ)菜の花が咲く時期に降りつづく長雨。
5.催花雨(さいかう)菜の花の盛りのころ、しとしとと降る春雨のこと。菜種梅雨と同意。

その他・春の雨の季語

最後に、そのほかの春の【雨の季語】をご紹介します。

雨の季語意味
1.雪解雨(ゆきげあめ)雪を解かす春の雨。雪消しの雨と同意。雪を消して植物の芽吹きを促進する雨なので、春の雨で、春の訪れを告げる嬉しい雨のこと。
2.雪消しの雨ゆきけしのあめ)雪解雨と同意だが、より説明的でわかりやすく、春の足音も高いという印象。
3.寒明の雨(かんあけのあめ)寒が明けた立春(二月四日頃)のころに降る雨。
4.啓蟄の雨(けいちつのあめ)啓蟄に降る雨のことで、啓蟄とは、二十四節気のひとつで三月六日頃を指す。この頃から一雨ごとに春らしくなっていく。
5.社翁の雨(しゃおうのあめ)春の社日に降る雨のこと。社日とは、立春から5回目の戊の日のことをいう。
6.穀雨(こくう)穀物の種や芽をうるおす春雨。穀雨は二十四節気の一で、四月二十日頃のことをいう。
7.藤の雨(ふじのあめ)藤の花の咲くころに降る雨のこと。
8.柳の雨(やなぎのあめ)柳にふりかかる雨。柳は水気を好み、多くは水辺に生えることから、雨乞いにも用いられた。
9.彼岸時化(ひがんじけ)春の彼岸に降る雨のこと。

 

【雨の季語】春編・使い方

春の【雨の季語】を使った俳句をご紹介します。季語を使うときの参考になれば幸いです。

春雨や ゆるい下駄借す 奈良の宿
(与謝蕪村)
しとしとと 雨しとしとと 春の雨
(日野草城)
雪消しの雨の音きく夜となる
(小谷渓子)
唄わねば夜なべさびしや菜種梅雨
(森川暁水)
いつ濡れし松の根方ぞ春しぐれ
(久保田万太郎)

 

【その他】春の雨のことば

最後に、季語ではありませんが、
【美しい春の雨のことば】をご紹介します。
日本語の奥深さと、日本人の感性の豊かさをあじわえる言葉ばかり。

じわじわと季節がやわらかく変化するなかでの、降る雨のようすもイメージできますよ^^

雨の季語意味
1.暖雨(だんう)春に降るあたたかな雨。雪を解かすあたたかい雨。
2.四温の雨(しおんのあめ)春先の三寒四温の、あたたかな四温のときに降る雨のこと。
3.木の芽おこし(きのめおこし)春の初めの木の芽どきに降る雨を指す。徳島県美馬地方のことば。
4.木の芽流し(きのめながし)木の芽が出る早春に降りつづく雨のこと。長崎県北松浦地方、鹿児島県肝属(きもつき)地方のことば。
5.草の雨(くさのあめ)春、萌え出た草の葉にふりかかる雨のこと。
6.軽雨(けいう)春の雨の呼び名のひとつ。少し降る雨のこともいう。
7.紅の雨(くれないのあめ)春に咲く、つづじ、木瓜、石楠花など紅色の花に降りそそぐ雨のこと。淡紅色には、桃、花梨、杏などがある。
8.万糸雨(ばんしう)無数の糸を垂らしたような細い雨。春雨のこと。
9.春風膏雨(しゅんぷうこうう)春のやわらいだ風と万物をうるおす雨。『膏雨』は、農作物や草木をうるおし生育させるほどよい雨。
10.養花の雨(ようかのあめ)花々を咲かせる雨。
11.静雨(せいう)静かに降る雨。音もなく木の芽に降りかかる春の雨。

 

※参考書籍はこちら。眺めているだけでもたのしいですよ^^
>>雨のことば辞典 (講談社学術文庫)

※その他の季節の【雨の季語】についての記事です。
>>【雨の季語】夏編・夏の雨の言葉一覧
>>【雨の季語】秋編・秋の雨の言葉一覧
>>【雨の季語】冬編・冬の雨の言葉一覧

 

まとめ

今回は【雨の季語】春編ということで、春の雨に関することばをご紹介させていただきました。

春の雨といっても、本当にさまざまです。

季節のうつり変わりや、植物が動き出す様子も目に浮かぶようです。

『季語』によっては、知らない言葉もあったと思いますが、新たなことばの表現につながれば幸いです^^

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました