【春の季語】『風光る』とは何月に吹く風?意味や類語、俳句もご紹介します!

季節のことば・季語

『風光る』という言葉をご存知ですか?

『風が光る』とはいったいどのようなことをさすのでしょうか?

『風光る』という言葉は、春の季語で、

【春の明るい陽射しの中、春風がきらきらと光り輝くように感じられること】をあらわしています。

今回はこの『風光る』という春の季語について、意味や類語、俳句などをご紹介します!

 

【風光る】季語の意味

『風光る』という言葉は、春の季語です。

意味は、つぎのとおりです。

明るい日の光の中を風が吹きわたるさま。
(出典:旺文社 国語辞典)

 

『風光る』について、季語辞典にはつぎのような解説もあります。

 

うららかな春の日にやわらかな風が吹きわたるその明るさをいう。
春になると、陽の光も強くなり、吹く風もきらめいて、風にゆらぐ風景もまばゆく明るい。それを風が光ると感じたのである。
いきいきと輝く自然の陽光と風の様相は、どこか希望や青春の息吹、新しさを感じさせる響きがあり、生々の気に満ちている。
(出典:角川俳句大歳時記 春)

 

上記のように、春の季語『風光る』とは、

うららかな春の陽射しのなかで吹く風が、
まるで輝いているように感じるという、
その明るさや風が吹きわたる様子をあらわした言葉です。

 

ちなみに、春の季語『風光る』は、三春とよばれる春の間使うことのできる季語です。

三春とは、
立春(2月4日ころ)~立夏(5月6日ころ)のことをいいます。

 

ルル
ルル

春は陽ざしも明るくて、
草木も花も元気いっぱいだにゃ

ぽんた
ぽんた

だから吹く風も、
光っているように見えるんだにゃあ

 

※こちらの記事もおすすめ♪

春の季語『春光』という言葉について、意味や使い方、類語などをご紹介しています!
>>『春光』の意味とは?季語やことばの使い方、例文や類語もご紹介します!

 

 

【風光る】俳句

こちらでは、春の季語『風光る』を使用した俳句をいくつかご紹介します。

風光り すなはちものの みな光る
(かぜひかり すなわちものの みなひかる)
鷹羽狩行
風光る 海峡の わが若き鳶
(かぜひかる かいきょうの わがわかき とんび)
佐藤鬼房
陽炎の ものみな風の 光かな
(ようえんの ものみなかぜのひかりかな)
久村暁台
朝凪の 浪立つて 風光る
(あさなぎの なみたって かぜ ひかるころ)
河東 碧梧桐
風光る 誰彼となく 水辺かな
(かぜひかる だれかれとなく みずべかな)
中村汀女
風光り 石の流るる 音すなり
(かぜひかり いしのながるる おとすなり)
落合水尾
海原や 夜に入りてから 風光る
(うなばらや よるにいりてから かぜひかる)
正岡子規
風光る とき 海遥か 山かすか
(かぜひかる とき うみはるか やまかすか)
稲畑汀子

※こちらの記事もおすすめ♪

こちらの記事では、【春の季語】に関する記事をまとめています!
>>まとめ一覧♪【春の季語】に関する記事や俳句をご紹介!春はあかるい希望の季節。
『風薫る』という夏の季語について、解説しています!
>>【夏の季語】『風薫る』の意味とは?俳句や類語、表現についても解説しています!

 

【風光る】類語と連想語

こちらでは、『風光る』の類語や連想語をあつめました。

 

類語

『風光る』の類語にあたる春の季語を2つご紹介します。

光風(こうふう)
ようず近畿、中国、四国などの地方でいわれる風の名。主として春に吹く、なまぬるい雨もよいの南風のことをいう。

 

連想語

こちらでは『風光る』という言葉から
連想することばをあつめました。

春の季語とそれ以外でまとめています。

【春の季語】

春光
春の光、
春色(はるのいろ、しゅんしょく)

春一番、
春の風、
春風(しゅんぷう、はるかぜ)、

桜まじ、
春陽(しゅんよう)、
麗らか(うららか)、
長閑(のどか)、

 

【季語以外の連想語】

みずみずしい、
きらめく、
きらきら、
きらりと、
光る、
輝く、
光彩、
燦爛(さんらん)、
サンシャイン、

『風光る』から連想されることばをご紹介させていただきました。

ほかにも、まだまだ連想語はあると思います。

あなたの連想語も見つけてみてくださいね!

 

※こちらの記事もおすすめ!

 

まとめ

今回は、春の季語『風光る』という言葉について、意味や類語、俳句をご紹介させていただきました。

『風光る』の意味は、【明るい日の光の中を風が吹きわたるさま】をいいます。

『風光る』は、三春(立春(2月4日ころ)~立夏(5月6日ころ))の季語になります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました