『麗らか(うららか)』とは春の季節の言葉。その意味や使い方をご紹介します!

ことばの表現

『麗らか(うららか)』ということば。

おだやかでやわらかな印象の言葉ですよね。

『うららか』とは、日ざしが柔らかくのどかに照っているようすを表わす言葉です。

春の季語でもあります。

『うららか』とは、日本古来の大和言葉らしく、文字の並びも、音の感じも、なんともいえないあたたかさと優美さを感じます。

今回はこの『うららか』について、意味由来、言葉の使い方について解説していきます。

 

『うららか』の意味

うららかの意味は、つぎのとおりです。

日の光がのどかに照っている様子をさし、
主として文章に用いられる古風で美的な和語。

「うららかな気分」というように、
季節に関係なく、
心配事のない明るい心境をさす用法もある。
(出典:日本語五語感の辞典)

【うららか】とは、漢字では【麗らか】と書きます。

【うららか】とは、明るい日の光がおだやかに降り注ぐような様をいいます。

それとは別に、気分が晴れ晴れとしたようすをあらわすときにも使う言葉です。

 

うららかな季節とは、桜の花が咲きはじめたころから、各地で見頃を迎えるころまでの春の季節のことをいいます。

 

さらに【うららか】とは、日本古来の大和言葉です。

春をあらわす季語でもあります。

空が晴れて、日差しも明るくのどかなさま。
春の季語でもある。
「うらら」ともいい、「うららかに照る日」のように用いられる。
「うらうら」ともいい、「春の日がうらうらと照る」のように用いる。
(出典:大和ことば辞典)

 

こさめ
こさめ

うららかって、
きれいなことばだにゃ♪
春の季語にゃんだな。

 

ぽんた
ぽんた

つぎは、
うららかの語源について
解説するにゃ!

 

 

『うららか』の語源

【うららか】語源には、ふたつの要因があります。

ひとつめの【うららか】の語源は、つぎのとおりです。

【うららか】の『ウララ』は、擬態語の『ウラウラ』が短くなったもの。
『カ』は、接尾語※

『ウララ』『ウラヤカ』ともいう。
この『ウラ』とウルワシ(麗)の『ウル』は同根である。
(出典:語源辞典 形容詞編)
※接尾語とは…語を構成する要素のひとつ。単独では使用せず、常に他の語の下について、その後とともに一語を形成する。意味を添加するほか、上の語の文法的機能を変える働きをもつものがある。

【うららか】とは、上記のとおり、擬態語の【うらうら】という言葉が短くなったものです。

ちなみに擬態語とは、物ごとの様子をあらわす言葉です。

きらきら、つるつる、どんどん、ぐちゃぐちゃ

などの言葉です。

 

※《参考》擬態語について、おもに感情をあらわす言葉の記事です。
>>感情を言葉で表現してみよう!感情別【オノマトペ(擬態語)】一覧

 

【うらうら】の意味は、つぎのとおりです。
【うららか】とほぼ同じです。

太陽が明るくのどかに照るさま。
心が穏やかでのどかなさま。
(出典:三省堂大辞林)

 

【うららか】の語源について、もうひとつの要因がつぎのとおりです。

『心(ウラ)』の環境に対応することが基になっている。
自然の良いことに会えば【うららか】となり、『麗し(ウルワシ)』なども同じ。

反対に、人事の良くない機会に会えば
『羨む(ウラヤム)』『恨めし(ウラメシ)』などに変化する。

(出典:語源辞典 形容詞編)

これは【うららか】の意味である、
人の心や気分をあらわすところに対応しているものです。

『心』は、『ウラ』とも読みます。

良きことに出会い、晴れやかな心の状態のときを【うららか】といい、

反対に、人事の悪しきことに出会い、気分の悪いときは、『羨む(ウラヤム)』や『恨めし(ウラメシ)』などといいます。

 

ちなみに『羨む』とは、
【心(ウラ)+病む(ヤム)】が語源の言葉です。

『羨む』については、下記の記事にまとめていますので、興味のある方は読んでみてください。

>>『【羨む】の意味とは?その語源や【妬む】との違いについても解説します!』

 

 

『うららか』の使い方

【うららか】の使い方について、ご紹介します。

手紙を書く時

大切な方への手紙や招待状をおくるとき、言葉選びに悩むこともあると思います。

はじまりの言葉が季節を感じる素敵なものであれば、受け取る方も嬉しくなるのではないでしょうか。

手紙や招待状をおくるときに使う【うららか】を含む季節の言葉(時候の挨拶)をいくつかご紹介します。

  • うららかな好季節を迎え(4月上旬)
  • 春光うららかな季節を迎え
    (4月上旬)
  • 春光うららかな今日この頃
    (4月上旬~中旬)
麗日(れいじつ)の候(4月中)
うららかな春の日のことです。【うららか】とは日の光がのどかに照っている様をいいますが、春の陽光が輝きだし、すべてがやわらかで美しくみえるさま(季節)を伝えています。
麗春(れいしゅん)の候(4月中)
ひなげしの花は4月頃から咲き始めますが、ひなげしは別名を『麗春花』といいます。うららかな春を伝える言葉です。

 

 

春の季語として使う

【うららか】は、春の季語でもあります。

 

季語とは、連歌、俳諧、俳句などにおいて、特定の季節をあらわす言葉のことをいいます。

たとえば、紅梅(春)、五月雨(夏)、紅葉(秋)、初雪(冬)などのことです。

 

春の季語、【うららか】をつかった俳句をいくつかご紹介します。

  • うらゝかや氷の解けし諏訪の湖
    正岡子規)
  • 淡路島鳥の眼で見るうららかに
    (山口青邨)
  • うららかや雀ひばりに鳴きまじり
    (能村登四郎)

穏やかであたたかな、春の日差しがやさしく降り注ぐような風景、目に浮かびましたか?

 

ちなみに、【うららか】という言葉は春の季語になりますが、そのほかの季節で使う場合には、

秋麗(しゅうれい・あきうらら)』、

冬麗(とうれい・ふゆうらら)』と詠むことになります。

ただし、夏は『うららか』を使うことはありません。夏の場合は、ほかの言葉で表現することになります。

 

※こちらの記事では【春の雨の季語】をまとめています。
>>【雨の季語】春編・言葉の意味や使い方、春の雨の言葉を一覧にまとめました。

まとめ

今回は【うららか】という言葉について、解説しました。

春の季語で、日本古来の大和言葉でもある
【うららか】。

素敵な響きの言葉ですので、意味や使い方を知って、さまざまな場面でこの言葉を活用していただけたら幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました