『春光』の意味とは?季語やことばの使い方、例文や類語もご紹介します!

ことばの表現

春の光、【春光】と書いて『しゅんこう』と読みます。

あなたは【春光】の意味をご存知ですか?

『春の日ざしや日光』のほかに、『春の景色』という意味があります。

今回は、この【春光】について、意味や類語、季語などをご紹介していきます!

 

『春光』の意味

春光】の意味は、つぎのとおりです。

  1. 春の景色
  2. 春の日光
    (出典:旺文社 国語辞典)

【春光】は、『しゅんこう』と読み、

光輝く春の日ざしや、春の光や風、景色などのことを意味します。

【春光】とは、このように春もようをあらわす言葉です。

 

そして【春光】は春の季語になります。

 

ルル
ルル

『春光』って、春の風や光、
景色のことなんだにゃ。
すてきな言葉だにゃぁ。

小梅
小梅

春らしい言葉だにゃ。
つぎは『春光』の類語や

季語を紹介するにゃ!

 

『春光』の類語

こちらでは、【春光】の類語をご紹介します。

【春光】~春の光や色としての類語

春の光や色としての【春光】の類語をご紹介します。

 

  • 春色(はるいろ・しゅんしょく)
    春の色
    春らしい色。桜色や若草色など、春を連想させる色のこと。《春の季語》
  • 常春(とこはる)
    一年中春のような温暖な気候のこと。
  • 春日(はるひ・しゅんじつ)
    春の日
    暖かく春らしい日ざしのこと。春の一日のこともいう。《春の季語》
  • 春暖(しゅんだん)
    春の暖かな陽気や心よいあたたかさのことをいう
    。『春暖の候』《春の季語》
  • 春日影(はるひかげ)
    春の日の光、春の陽光、春陽のこと
    。《春の季語》
  • 春陽(しゅんよう)
    春の陽光、日ざしのこと

    また、春の時節のこともいう。『春陽の候』《春の季語》
  • 陽春(ようしゅん)
    …陽気の満ちたあたたかい春のこと

    陰暦正月の異称のこともいう。『陽春の候』《春の季語》

 

そのほかに、つぎのような類語もあります。

日ざし、日光、日の光、陽光、天日、紫外線、太陽光、

 

 

【春光】~春の景色としての類語

春の景色としての【春光】の類語をご紹介します。

 

  • 春景(しゅんけい)
    春の景色、春色のこと。《春の季語》
  • 春景色(はるげしき)
    春らしい風景のこと。春ののどかな景色のこと。
  • 春望(しゅんぼう)
    春の眺め、春の景色のこと。《春の季語》
  • 煙景(えんけい)
    かすみたなびく春の景色のこと。
  • 春容(しゅんよう)
    春の景色のこと。《春の季語》
  • 春ざれ(はるざれ)
    春のうららかな景色のこと。
    春になること、春が深まることもいう。《春の季語》

 

そのほかに、つぎのような類語もあります。

光景、情景、風物、
風光、風光明媚、景観、
小景、視界、点景、展望、
たたずまい、見晴らし、
眺め、シーン、

さらに、こんな言葉でも表現することができます。

『柳は緑、花は紅』
春の美しい景色を形容することば。

 

俳句:季語として使う

【春光】は春の季語でもあります。

こちらでは、【春光】を使った俳句をご紹介してます。

 

春光や 白髪殖えたる父と会ふ
日野草城(ひのそうじょう)
海の色消し春光の波たたむ 
稲畑汀子(いなはたていこ)
春光の遍けれども風寒し
高浜虚子(たかはまきょし)
春光や さゞ波のごと茶畑あり
森田 峠(もりたとうげ)
春光や礁あらはに海揺るゝ
前田普羅(まえだふら)

 

 

まとめ

今回は、【春光】という言葉について、ご紹介させていただきました。

要点をまとめるとつぎのとおりです。

【春光】

  • 意味は、春の景色や、春の日光や日ざしのこと。
  • 【春光】は春の季語
  • 類語は意味でわけて選ぶとよい。
    『春の光』または『春の景色』

【春光】の類語には、春のようすをあらわす素敵な言葉が数多くあります。

あなたの、あたらしい言葉の表現にぜひ役立ててくださいね!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました