【春の季語】『お花見』・『桜』にまつわる春の美しいことば一覧まとめ

季節のことば・季語

日本人はことのほか『桜』を愛でてきました。

『お花見』の歴史はほんとうに古く、さかのぼること奈良時代といわれています。しかし、その頃はまだ、梅の花が主役だったようです。

本格的に桜の『お花見』がおこなわれるようになったのは、平安時代ですが、その時はまだ、貴族の間だけでおこなわれる、ある意味贅沢な行事でした。

 

現在では、誰もが楽しむ『お花見』。

日本各地のソメイヨシノの開花予報日をつないだ『桜前線』などもあり、これほどまでに皆が注目するお花はありません。

 

今回は【春の季語】のなかでも、
『桜』『お花見』にまつわる季語をあつめました!
ぜひ、参考にしてくださいね^^

 

春の季語

【春の季語】のなかでも、

『お花見』にまつわる季語と、

『桜』にまつわる季語 にわけてご紹介します。

 

『お花見』にまつわる季語

『お花見』にまつわる【春の季語】をあつめました。

 

季語読みかた意味
お花見おはなみ桜の花を鑑賞すること。この風習はかなり古くからあり、平安時代にはもっぱら貴族の行楽とされていた。江戸時代になり、武士の花見もますます盛んになり、これにならうように商人なども花見をおこなうようになっていった。
花篝はなかがり夜桜を鑑賞するために焚くかがり火のこと。京都祇園のものが有名。
花床几はなしょうぎ花見をするときに使う床几のこと。
花疲はなづかれ花見で疲れること、花見に出かけたあとの疲れのこと。
花の宴はなのうたげ桜の花を見ながら催す酒盛りのこと。
花の踊はなのおどり桜の花の下で踊ること。
花の客はなのきゃく 花を見る人、花見客のこと。
花の酒はなのさけ 花見酒のこと。
花の茶屋はなのちゃや 花見のときの休憩所のような場所、茶店のこと。
花の幕はなのまく花見の時に張り巡らす幕のこと。
花の都はなのみやこ桜の花が咲き乱れている都のこと。
花の酔はなのよい 花見の宴会で酔うこと。
花人はなびと桜の花を見る人のこと。
花雪洞はなぼんぼり花の下に、そこここに設けられたかがり火のことをいう。
花見扇はなみおうぎ 花見をおこなうときに使う扇のこと。
花見笠はなみがさ 花見をおこなうときの笠のこと。笠とは、頭にかぶり、雨や雪、日光などを防ぐもので、今でいうと帽子に近い役割。『すげ笠』などともいう。
花見客はなみきゃくお花見に来た人のこと。花見のために桜の名所に訪れた人のこと。
花見酒ははみざけ 花見をしながら飲むお酒のこと。
花見衆はなみしゅう 花見を見る群衆のこと。
花見樽はなみだる花見酒の入った樽。お酒を運ぶための道具。室町時代以前から使われていたといわれている。
花見手拭はなみてぬぐい 花見をするときに使う手拭のこと。
花見舟はなみぶね 花見をしながら乗る舟のこと。
花見戻はなみもどり花見にでかけた帰り。また、その人のこと。
花戻ともいう。
花筵はなむしろ花見の宴席に敷く筵のこと。花ござともいう。
花巡りはなめぐりいろいろな所へ花見にいくこと。
朝桜あさざくら朝に露を受けて咲いている桜のこと。

 

行事

お花見時の行事の【春の季語】(ことば)をあつめました。

 

季語読みかた意味
鞍馬の花供養くらまのはなくよう京都の鞍馬寺で桜の咲くころ、15日間にわたって開催される行事。開闢・中日・結願の法要が営まれ、本尊に花や茶を献じ、舞楽を奉納する。また、鞍馬に咲く桜を総称して雲珠(うず)といい、こちらも春の季語。
鎮花祭ちんかさい四月十八日、奈良県桜井市の大神神社と摂社の狭井神社で行われる祭礼のこと。桜の花の散る頃、疫病神が起こす流行病を鎮めるための祭礼。701年「大宝令」に国家の行事として定められて以来、1300年間にわたり、古儀にのっとり国民の無病息災を祈願する。
花換祭はなかえまつり福井県敦賀市の金崎宮で、四月の花時に行われる祭のこと。祭神の尊良 親王と恒良親王の御命日の頃、花を捧げたのが始まり。造花の花が社前で売られ、参詣人がその花を交換しあう。当り花を手にした人に神鏡が贈られる、美しい春の祭。
安良居祭やすらいまつり京都市 今宮神社で行われる疫病神を鎮める祭礼のこと。
吉原の夜桜 よしわらよざくら遊郭吉原の夜桜見物のこと。

 

※あわせて読みたい記事♪

 

『桜』にまつわる季語

こちらでは、『桜』にまつわる【春の季語】をあつめました。

『桜』がつく言葉もあれば、
つかなくても『桜』を示すものもあります。

つぎの3つのカテゴリーにわけました。
ぜひ参考にしてくださいね^^

  • 『桜』にかんする季語
  • 桜の種類や品種
  • 散る桜

 

 

『桜』にかんする季語

こちらでは、『桜』にまつわる【春の季語】をあつめました。

『桜』という言葉がつく季語もあれば、
つかない季語もあります。

 

季語読みかた意味
朝桜あさざくら朝、露をうけて咲いている桜のこと。
家桜いえざくら人家の庭に植えてある桜のこと。
姥桜うばざくら葉より先に花が咲く桜の通称。また、盛りが過ぎて、なおなまめかしさが残っている夫人こと。
遅桜おそざくら遅咲きの桜のことすべてをいう。
桜貝さくらがい浅い海にすむ3㎝ほどの二枚貝のこと。色や形がまるで桜の花びらのようで、非常に薄くて繊細。殻の表面は真珠のようなツヤがある。砂浜にもよく打ち上げられている。
桜狩さくらがり山野に桜の花をもとめて遊び歩くこと。山野での花見。
桜月夜さくらづきよ桜の咲くころの月夜のこと。
桜漬さくらづけ桜の花を塩漬けにしたもの。
桜戸さくらど戸の近くにある桜が咲いたこと。あるいは桜のあるほとりの宿のこと。
桜の園さくらのその桜がたくさん植えられている庭園のこと。
桜人さくらびと桜の花を眺める人、愛でる人のこと。
桜まじさくらまじ桜の花の咲くころ、南からそよそよと吹いてくるあたたかい風のこと。
桜餅さくらもち塩漬けの桜の葉でつつんだ餡入りの和菓子のこと。
桜守さくらもり咲いた桜の枝を折られないように守る人のこと。花守ともいう。
桜湯さくらゆ塩漬けの桜の花に湯をそそいだ飲みもの。
初桜はつざくらその年にはじめて咲いた桜のこと。初花ともいう。
初花はつはなその年初めて咲いた桜の花のこと。
花曇りはなぐもり桜の花が咲くころは曇りがちの天気が続くことがありますが、そのような曇り空のことをいう。
花時はなどき4月ころ、桜をはじめさまざまな花が咲きはじめる頃のこと。別名:桜時、花の頃
花の主はなのぬし花の咲いている木の持ち主。
花冷えはなびえ桜の花の咲くころ、天気が不安定になり急に寒くなることをいう。
夕桜ゆざくら夕に眺める桜。夕闇に咲いている桜のこと。
夜桜よざくら夜にみる桜の花。また、夜の花見のこと。
若桜わかざくら若木の桜のこと。

 




桜の種類や品種

こちらでは、桜の種類品種にかんする
【春の季語】を一覧にまとめました。

 

季語読みかた意味
糸桜いとざくら枝垂れ桜の別称。
犬桜いぬざくら山野に自生し、白い小花を密につける。
雲珠桜うずざくら京都の鞍馬山に咲く桜の総称のこと。
姥彼岸うばひがん山地に自生し、3月ころ、葉よりさきに淡紅色の花を群生する。
別名:江戸彼岸、東彼岸(アズマヒガン)
上溝桜うわみずざくら普通の桜と違い、まるでブラシのような房状の白い小花をつける。豆粒大の赤い実もなる。
別名:金剛桜、ははか(新嘗祭につかわれる木のこと)
大島桜おおしまざくら日本の固有種で、葉は桜餅につかわれる。
大山桜おおやまざくら北海道など雪国に多く、野生品種。ヤマザクラより大きいことからこのような名前に。別名:エゾヤマザクラ
左近の桜さこんのさくら京都御所にある桜のこと。
里桜さとざくら八重咲の桜。大島桜を基に改良されて誕生したといわれている。
別名:牡丹桜ともいう。
しおり桜しおりざくら桜の一種のこと。
枝垂桜しだれざくら枝が垂れ下がり、花の小さな桜の総称。
別名:しだり桜、枝垂彼岸ともいう。
秋色桜しゅうしざくら上野公園清水堂のそばにある枝垂れ桜のこと。
染井吉野そめいよしの桜前線の基準にもなっている桜の品種。3~4個の花が集まるように枝に花を咲かせるのが特徴。別名:吉野桜
丁子桜ちょうじざくら中部地方から西の方面に自生す野生種の一種。まるで丁子(クローブ)のようなユニークな花の形から、このような名称になったといわれる。
南殿なでん桜の一種で、別名:茶碗桜(チャワンザクラ)ともいう。
庭桜にわざくら庭梅の変種。白い花で八重咲。古名を「はねず」といい、万葉集でも詠まれている。
彼岸桜ひがんざくら春の彼岸の頃、葉より先に淡紅色の花を開く。中部地方以西の庭などに植えられている。別名:立彼岸(タチヒガン)
紅枝垂べにしだれ花は小輪で、一重咲の紅色。3月下旬頃に開花する。
豆桜まめざくら野生種のひとつ。本州中部地方に自生する。別名:富士桜
八重桜やえざくら八重咲の桜のこと、ぽってりとした花房は艶やかさがある。花期は遅め。
嶺桜みねざくら本州中部以北の高山に自生する桜のこと。
別名:高嶺桜(タカミネザクラ)ともいう。
深山桜みやまざくら深山に咲く桜で、5~6月頃に開花する。別名:シロザクラ
山桜やまざくら山地に自生する桜のこと。

 

※あわせて読みたい!
桜をはじめとする『晩春』の草木、花にかんする季語をあつめました。
>>【春の季語】花・植物にまつわる春のことば♪『晩春』の季語一覧まとめ

散る桜

桜が散っていく様子は、さみしさが漂いますが、その情景は独特の美しさがあります。

桜は、地面に散った花びらさえもうつくしいですね。

こちらでは、『散る桜』をあらわした
【春の季語】をご紹介します。

 

季語読みかた意味
桜吹雪さくらふぶきまるで吹雪のように桜の花びらが一斉に舞い散ることをいう。
残花ざんか散り残る桜のこと。
散る花ちるはな桜の花の盛りが過ぎて散ることをいう。
花筏はないかだ桜の花びらが散って、水面にかたまりとなって、優雅に流れるさまをいう。 流れる様子を筏に見立てた言葉。
花屑はなくず咲き終わった花びらが地面に落ちていることで、その様子を屑に見立てた言葉。
花の塵はなのちり散った桜の花を塵にみたてたことば。
花散るはなちる桜の花が盛りを過ぎて散ることをいう。
花吹雪はなふぶき花びらが、あたかも雪がふぶいているがごとく舞い散るさまのことをいう。
落花らっか桜の花が盛りを過ぎて、散ることをいう。

 

 

『桜』にまつわる季語【夏・冬】

『桜』とついていても、春だけではなく、

実は夏や冬の季語もあります。こちらではそのような言葉をあつめました。

春の気配を感じさせる冬や、まるで初夏のような感じなど、『桜』の季語もさまざまです。

 

季語読みかた意味
寒桜かんざくら2月頃、葉が出る前に淡紅色の5弁花が咲く。【冬】
葉桜はざくら花が散って若葉のみになった桜のこと。【夏】
冬桜ふゆざくら冬に咲く早咲きの桜のこと。【冬】

 

 


ハンドブック 花と植物の俳句歳時記 [ 石田 郷子 ]

まとめ

今回は、『お花見』と『桜』にかんする
【春の季語】をご紹介させていただきました。

日本人にとって『桜』は特別なお花です。

一斉に咲きみだれ、一気に散るさまは、圧巻です。その特別にも感じる時間は、儚くもあり、人の心にうったえかけるものがあります。

 

そのようなことからか、『お花見』と『桜』にかんする【春の季語】はほんとうに数多くあります。

ことばを選びながら、ぜひ、日本の歴史と春を感じてみてくださいね^^

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました