『ごゆるりと』とは正しい日本語?意味と使い方、その語源や類語もご紹介!

ことばの表現

「どうぞごゆるりとなさってください」

なんともいえない、上品な響きと優しい音の言葉ですね。その響きから、自然と ❝ゆったり❞ した気分になってくるから不思議です。

 

この【ごゆるりと】という言葉、いったいどんな意味があるのでしょうか?そもそも正しい日本語なのでしょうか?

今回は、そんな疑問をもっている方のために、
この【ごゆるりと】という言葉の意味語源使い方などについて、ご紹介します!

【ごゆるりと】の意味

ごゆるりと】には、つぎのような意味があります。

  • ゆったりとくつろぐような様
  • 急がずにゆっくりと行動する様
  • あくせくせずに、ゆったりとした心境でいる様
  • 相手を敬い、リラックスするようにすすめるときに使う言葉(挨拶語)

 

【ごゆるりと】とは、

広い意味でのゆとりを表現する言葉です。

 

似たような言葉で、『ゆったり』や、『ゆっくり』という言葉がありますが、
『ゆったり』は、おもに空間にたいして、ゆとりやリラックスを伝えています。
一方『ゆっくり』は、おもに時間にたいして、ゆとりやリラックスを伝えています。
実は『ゆるりと』という言葉は、空間も時間も含んでいます。
同じゆとりをもって過ごすというリラックスをうながす言葉でも、『ごゆるりと』とは、より広範で包括的に伝えることができる言葉です。
なので、相手に対して【ごゆるりと】と声をかけることは、時間的にも、空間的にもリラックスしてくつろいでくださいね、という気持ちが含まれています。

 

【ごゆるりと】の語源

ルル
ルル

❝ごゆるりと❞って、

ちゃんとした日本語にゃのかしら?

ぽんた
ぽんた

それとも、どこかの方言かにゃ?
どんなふうに使うのかにゃぁ?

 

【ごゆるりと】という言葉は、大和言葉です。どこかの方言ではなく、古くから使われている言葉、日本語(和語)です。

 

【ごゆるりと】という言葉には、大和言葉らしい、なんとも言えない上品な音の響きと、やわらかさがあります。

もともとは、
【緩り(ゆるり)】〔副詞〕という言葉。

 

この言葉の丁寧語が、
【御緩り(ごゆるり)】です。

 

【御緩り(ごゆるり)】とは、

【緩り】〔副詞〕という言葉に、接頭語の【御】(ご)がついたもの。

そして多くは、【ごゆるり】に「と」を伴って使うことが多いです。

 

【ごゆるり】【御】〔接頭語〕+【緩り】〔副詞〕

 

 

さきほど、【ごゆるりと】という言葉は大和言葉だとお伝えしましたが、現代の日本語は、大和言葉を含めて3種類の言葉で成り立っています。

  • 大和言葉
  • 漢語
  • 外来語

 

ちなみに、漢語は中国語から取り入れられた言葉です。たとえば、「開始」「故郷」「山地」などです。

外来語とはカタカナで表わされるもので、たとえば「スタート」「ユニーク」「スピーチ」などの言葉です。

 

大和言葉とは、太古の昔、わたしたちの祖先が創りだした日本固有の言葉。
また、その伝統の上で生まれ、育まれた言葉です。

 

心の機微をあらわす繊細さや音の美しさ、やわらかな表現などがその特徴です。

 

つい漢語的表現や、外来語(カタカナ)を使いがちですが、身のまわりにも大和言葉は多くあります。意識してみると、ことばの新たな発見につながります。

【ごゆるりと】の使い方

【ごゆるりと】の言葉の使い方について、いくつか例文をご紹介します。

例文1)

いよいよ舞台の幕が上がります。
どうぞごゆるりとお楽しみください。
例文2)
今宵は日常のことを忘れて、
ごゆるりとおくつろぎください。
例文3)
ホテルでの食事会開催当日は、
どうぞごゆるりとお越しください。

 

※こちらの記事もおすすめです

※感謝を伝える大和言葉をあつめた記事です。
>>『ありがとう』を大和言葉で表現。丁寧に感謝を伝える日本のことば。
※オノマトペを使ったことば感情表現をまとめています。
>>感情を言葉で表現してみよう!感情別【オノマトペ(擬態語)】一覧

まとめ

【ごゆるりと】という言葉について、ご紹介させていただきました。

要点をまとめると次のとおりです。

  • 古くから使われている大和言葉(和語)
  • 空間的にも、時間的にも、ゆったりとくつろぐという意味
  • おもに相手に対して言葉をかけ、そのように促すかたちで使用する言葉

現代は、忙しく慌ただしい毎日ですが、
【ごゆるりと】という感覚を大切にして、日々を過ごしていきたいものですね^^

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました