『時雨』とはどんな意味でいつの季語?ことばの由来や俳句などご紹介します!

冬の季語

あなたは『時雨』という言葉の意味を知っていますか?

『時雨』という言葉を聞いたことがあっても、どのような雨なのか知らない人も多いのではないでしょうか?

ちなみに『時雨』という言葉は、冬の季語でもあります。

『時雨』がつく季語は、ほかにもたくさんあります。

今回は、この『時雨』という言葉について、意味や由来、季語や俳句などをご紹介していきます!

 

【時雨】意味と由来

『時雨』という言葉について、意味と由来について解説していきます。

『時雨』の意味

【時雨】は、『しぐれ』と読み、

意味はつぎのとおりです。

秋の末から冬にかけて、時々ぱらぱら降る小雨のこと。
出典:『旺文社 国語辞典』

 

『時雨』とは、秋の終わりころから冬にかけて降る雨のこと。

急にぱらぱらと降り出しては止んでしまう、通り雨のような小雨のことをいいます。

 

ちなみに、『時雨』は降ったりやんだりする小雨だけではなく、
小雨が降ったりやんだりするような
【曇りがちの空模様】も意味します。

 

『時雨』は冬の季語

『時雨』は、俳句などの季語の世界では、【冬の季語】として扱われています。

 

意味のところでお伝えしたとおり、『時雨』とは、秋の終わりから冬にかけて降る小雨のことですから、【冬の季語】といわれて納得ですよね。

 

※あわせて読みたい記事!

こちらの記事では、冬の雨の季語についてご紹介しています。
>>【雨の季語】冬編・冬の季節に降る雨は時雨が多い?言葉と意味の一覧

 

『時雨』の由来

『時雨』の語源・由来には、つぎのように
いくつかの説があります。

  • 【しばし暗き(しばらくの間暗い)】
    【茂暗/しげくらむ(葉などが茂り暗いこと)】など、
    辺りが暗くなるような意味からきたという説。
  • 【シ】は添えた言葉で、
    【クレ】空が暗くなるところからという説。
  • 【シ】は風の意味で、
    【クレ】は狂いが転じたものという説。
  • 【シ】は風の意味で、
    【クレ】は晩の意味からの説。
  • 過ぎ行く通り雨であるところから、
    【スグル】が転じた言葉という説。
    引用元:日本語源大辞典(小学館)

 

【時雨】のつく言葉・季語

『時雨』という言葉(季語)は、冬だけではなく、ほかの季節にもあります。

こちらでは、『時雨』とつく言葉(季語)を、春夏秋冬、一覧にまとめました。

ぜひ、参考にしてくださいね^^

 

季節ことば読みかた意味
春時雨はるしぐれ春のにわか雨のことで、春になってから降る時雨。《季語》
 花時雨はなしぐれ花時に降る、時雨のような冷たい雨のこと。《季語》
梅時雨うめしぐれ鹿児島県肝属地方で、梅雨をさす言葉。梅の時節に降る時雨のことをいう。
秋時雨あきしぐれ秋の終わりに降る時雨のこと。『秋の時雨』ともいう。冬の到来間近を思わせる侘しさと寂寥感のあることば。《季語》
 霧時雨きりしぐれ時雨のように短時間降ってやむ霧雨のこと。霧のかかった状態を時雨に見た立てていうこともある。《季語》
 露時雨つゆしぐれ野一面に露がおりて、時雨が降ったあとのようになること。露と時雨のこともいう。《季語》
 虫時雨むししぐれ秋の虫が鳴きたてる様子を時雨の音にたとえていうことば。《季語》
時雨雲しぐれぐも時雨を降らす雲のこと。《季語》
 時雨傘しぐれがさ時雨が降る時にさす傘のこと。《季語》
 朝時雨あさしぐれ朝に降る時雨のこと。《季語》
 片時雨かたしぐれ空の一方では時雨が降りながら、一方では晴れていることをいう。《季語》
 川音の時雨かわおとのしぐれ川音を時雨の降る音と聞きなしていうことば。《季語》
 北時雨きたしぐれ北の方から降ってくる時雨のこと。《季語》
 北山時雨きたやましぐれ北方の山から降ってくる時雨のこと。とくに京都の北山あたりから降り渡る時雨をさす。《季語》
 木の葉の時雨このはのしぐれ木の葉の音を時雨の音と聞きなしていうことば。《季語》
 小夜時雨さよしぐれ夜に降る時雨のこと。《季語》
 袖時雨そでしぐれ袖に涙が落ちるさまを、時雨にみたてた言い回し。《季語》
 涙の時雨なみだのしぐれ涙に濡れるさまを時雨に見立てた言い回しのこと。《季語》
 初時雨はつしぐれその年にはじめて降る時雨のこと。《季語》
 松風の時雨まつかぜのしぐれ松風を時雨の音と聞きなしていうことば。《季語》
 村時雨・
群時雨
むらしぐれ晩秋から初冬にかけて、ひとしきり降ってはやみ、やんでは降る小雨のこと。
《季語》
 夕時雨ゆうしぐれ夕方に降る時雨のこと。《季語》
 横時雨よこしぐれ横から吹き付けるように降る時雨のこと。《季語》

 

 

 

【時雨】俳句

さいごに、季語として『時雨』をつかった
俳句をご紹介します。

ためらいて閉ぢ 時雨傘またひらく
林 翔

 

大空を 片寄せてゆく 時雨雲
稲畑汀子

 

割箸を割りそこねたる 時雨かな
鈴木真砂女

 

夕時雨 小走りにゆく 人につき
星野立子

 

かんばしき黒珈琲や 初時雨
日野草城

島に来て 日数すぎゆく 時雨かな
村山故郷

 

かくれすむにはあらねども 露時雨
山口青邨

 

この宵の さんさしぐれは 雪となる
山口青邨

 

からかさを 千鳥はしるや 小夜時雨
正岡子規

しくるるや 上野谷中の 杉木立
正岡子規

 

うしろすがたの しぐれてゆくか
種田山頭火

 

しぐるる土を ふみしめてゆく
種田山頭火

 

宿かりて 名をなのらする しぐれかな
松尾芭蕉

 

 

まとめ

今回は、『時雨』という言葉について、ご紹介させていただきました。

『時雨』とは、簡単にまとめるとつぎのような言葉です。

  • 晩秋から冬にかけて、降ったりやんだりする小雨のこと。
  • また、そのような曇り空のこともいう。
  • 冬の季語
  • 他の季節にも、『時雨』がつく季語はある。
  • 語源はいくつか説がある。

このように、晩秋から冬にかけて、ぱらぱらと降ってはやむ通り雨を『時雨』といいます。

ことばの響きにも、上品さと少しさみしさが漂う、素敵な言葉ですね^^

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました